読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

投資信託の主な手数料は3つあるぞ

f:id:A-BOUT:20170519185212j:plain

投資信託には手数料がかかる時が主に分けて3つあります

購入時手数料「買うとき」

運用管理費 「保有してるとき」

信託財産留保額 「解約するとき」

 

購入時手数料とは読んでの通りです。

購入するときにかかる手数料ですが

ここは大事です。

わずかだと思って気にしないでいると大金が違ってきます。

例を出しますと

100万で購入しても手数料が違うとこんなに差が出る

A 0パーセント   100万円

B 1,05%    98万9609円

C3,15%     96万9461円

 

スタートからこれだけ違いが出ます

これが1000万や1億となればさらに差で出るので要注意です。

 

運用管理費用はさらに差が出るので

例え0,01%での違いを気にしてください

 

これも読んでの通りです。

投資信託保有してる間にかかる費用です。

 

例えば運用管理費が年0,3885%をÀとして

年1,575%をBとします。

購入手数料と信託財産保証は0としての前提です.

100万円の投資信託でしてずっと保有してる前提です。

 

À

1年  99,61

3年  98,84

5年  98,08

7年  97,31

10年 96,19

1年  98,44

3年  95,38

5年  92,43

7年  89,56

10年 85,43

 

10年で  10,76で10万7600円の差がでます

 

これほどの差が出るのは知ってるのと知らないのでは

天地の差があります。

ÀよりBの方が運用管理費用が高い理由ってありません。

ただの設定の値段の違いです。

 

またまたBの方がこんなに高いんやから

よっぽど良い利益を出すんじゃない?って

思った人は騙されます。

まったくの差はありませんし

同じ商品で売られてるのに買う銀行や証券だけの差で

この差がついてるなんて普通にあります。

 

注意して欲しいのは運用管理費用は出来るだけ安いのを

選びましょう

高くても何1つ良い事はありません。

 

最後に信託財産保額ですが

これは運用会社や販売会社に支払う手数料ではありません。

投資信託を解約した人が

その投資信託保有してる投資家のために残していく迷惑料なものです。

 

解約する人がいると株や債券の一部を売却して

現金にして解約する人にお金を渡す必要があるので

解約する人のための手数料を投資してる人たちが負担するのは不公平なので

解約する人が投資してる人に対して

迷惑料と言う感じで支払うわけです。

 

今回はこんな感じです。

説明ばっかりの回ですいません

未経験者向きなので色々説明しないといけない事が多いので

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
株式ランキング